そばかすを減らす・薄くする

MENU

そばかすを減らし薄くするには?

そばかすは、紫外線ダメージの蓄積によるシミと違って、遺伝性といわれます。しかし遺伝だからといって、あきらめることはありません。

 

そばかすが遺伝性とされるのは、肌が白く敏感で紫外線を吸収しやすいという肌の特性を受け継ぐということです。そばかすで悩んでいるあなたは、色白で肌がデリケートなのです。

 

ここでは、「そばかすを減らし薄くする化粧品選びのポイント」と「そばかすのケアにおすすめの化粧品」をご紹介します。

 

種類1

 

そばかすを減らし薄くする化粧品選びで大切な2つのポイント

メラニンの抑制とスムーズな排出

そばかすの正体は、シミと同じメラニン色素。そばかすを濃くして目立たせてしまうのは、やはり紫外線です。

 

メラニン色素の生成を抑え、排出を促す効果のある成分を配合した化粧品を選ぶことが大切です。

 

肌に優しい低刺激処方

そばかすができる人は、肌が弱く敏感な方です。そばかすを「消したい」と思って普通の美白化粧品を使ったら、肌が荒れて、かえってそばかすが増えてしまった、という方も多いでしょう。

 

肌への刺激は、メラニンの生成を促してしまいます。そばかすのケアには、肌に優しい美白化粧品を選ぶことが大切です。

 

そばかすのケアにおすすめの化粧品

フレキュレル

そばかすのケアには、フレキュレル(Frequrell)がおすすめです。

 

フレキュレルは、そばかす対策専用なので、そばかすの原因にしっかりアプローチします。そばかす対策用の化粧品というのは、おそらく他にないでしょう。

 

敏感肌の方も安心の、刺激ゼロの6つのフリー。香料・着色料・タール系着色料・紫外線吸着剤・パラベン・鉱物油は、配合されていません。しかも、ジェルタイプよりも刺激の少ないクリームタイプ。クリームなのにベタつき感がありません。

 

フレキュレルは、「そばかす対策専用」の肌に優しい美白クリームです。

 

満足度92.7%(リアルビューティーケア調べ)と、満足度の高い商品です。そばかすが薄くなるのはもちろん、肌がしっとり潤うのを実感できると思います。しかもオールインワンなので、お手入れに時間がかかりません。

 

夜寝ている間に、そばかすを集中ケア

夜寝ている間に、そばかすケア

使い方は簡単。夜、化粧を落として、フレキュレルを顔全体に塗り、気になる部分に重ね塗りするだけ。寝ている間に集中ケアしてくれます。

 

翌朝、洗い流して通常の基礎ケア。メイク前にフレキュレルを薄く塗っておくと、より効果的です。

 

こんな悩みのある方におすすめ

  • そばかすが年々濃くなって、コンシーラーでも隠せない
  • そばかすを隠すために厚化粧になってしまう
  • 産後、そばかすが増えて気になっているけど、スキンケアの時間がない
  • シミ対策用のクリームを使っているけど効果がない
  • そばかすを消そうと思って美白化粧品を使うと肌が荒れてしまう
  • そばかすを、どうケアすればいいか分からない

 

おトクなキャンペーン中!

通常価格7,000円(税抜)のところ、今なら、集中ケアコース(定期コース)で申し込めば、29%OFFの4,970円(税抜)で購入できます。クレジットカード決済なら、さらにお安くなります。

 

定期コースなら、送料無料。180日間の返金保証付きです。

 

定期コースは2回継続が条件です。3回目以降はいつでも中止・解約できます。返金保証は、初回分の商品代金のみが対象です。

 

購入前の気になる疑問

本当に効果ある?

化粧品ですから、肌に合う・合わないはあります。使用してすぐに効果を実感できる人もいれば、使い続けても全然効果がなかったという人もいます。

 

ただし、肌のターンオーバーは、健康な肌で約1ヵ月。ターンオーバーが乱れていると、それより長くなる場合もあります。

 

個人差はあるでしょうが、2ヵ月くらい使えば、そばかすが減り、薄くなっていくのが実感できると思います。

少し高いような気がするけど?

「少し高い」と感じるかもしれませんが、化粧水・美容液・クリームなどそろえることを考えると、これ1つでケアできるので、実は、おトクです。

 

それに、オールインワンなので、毎日のスキンケアが楽です。

 

おトクなキャンペーン価格で購入するならこちら↓

種類3

 

※個人の感想で効果を保証するものではありません。

 

そばかすを減らすには?(薄くするには?)おすすめの化粧品関連ページ

ソバカスとシミの違い
一般的にシミといわれる老人性色素斑と、そばかすは、どちらも正体はメラニン色素ですが、原因が異なります。