ニキビ 種類

MENU

ニキビの種類と進行・悪化

ニキビの種類には、白ニキビ(閉鎖面皰)、黒ニキビ(開放面皰)、赤ニキビ(丘診)、黄ニキビ(膿疱)があり、この順でだんだんと進行・悪化していきます。

 

白ニキビ(閉鎖面皰)

白ニキビ

白ニキビは、ニキビの第一段階です。正式には閉鎖面皰(へいさめんぽう)と呼ばれます。出口を失った皮脂によって、毛穴が徐々に肥大化し、やがて皮膚表面がプクっと膨れ上がります。

 

毛穴をふさいで、白く透けて見えるのは、皮脂と角質が混ざったものです。

 

ニキビとしては初期の段階で、まだ炎症が起きていないので、このまま治ってしまうこともありますが、触ると細菌が悪さをして、炎症を起こしてしまう可能性もあるので、気をつけなくてはいけません。

 

洗顔の見直しや食生活の改善などでも対処可能です。

 

黒ニキビ(開放面皰)

黒ニキビ

白ニキビから症状が進むと、毛穴内部に溜まっている皮脂が毛穴を押し広げて外に出てきます。毛穴が開いて皮脂の先端が酸化して黒っぽくなります。これが黒ニキビです。正式には開放面皰(かいほうめんぽう)または黒色面皰(こくしょくめんぽう)と呼ばれます。

 

黒ニキビも、まだ炎症を起こしていない状態ですが、目立ちやすいうえ、色素沈着の心配もあるので、しっかりケアすることが必要です。皮脂の分泌を抑え、角質のケアを行うことが大切です。

 

赤ニキビ(丘診)

赤ニキビ

毛穴に溜まった皮脂を栄養源として細菌(ニキビ菌)が繁殖し、炎症が起こって赤く腫れ上がったのが赤ニキビです。正式には丘診(きゅうしん)と呼ばれます。

 

活性酸素によって皮脂の酸化が進むと炎症が悪化します。

 

赤ニキビは、炎症が起きているので抗生物質による治療が必要です。炎症を起こしてしまったニキビを自己流のケアで治そうとすると、ニキビ痕が一生残ってしまうことになりかねません。早めに皮膚科で治療することをおすすめします。

 

黄ニキビ(膿疱)

黄ニキビ

赤ニキビから、さらに炎症が進むと、膿や痛みをともなうようになります。これが黄ニキビ。正式には膿疱(のうほう)と呼ばれます。

 

この段階では、赤ニキビ以上に、大きなニキビ痕が残る可能性が高くなります。早急に皮膚科で治療しましょう。

炎症を起こしているようなら早めに専門医の治療を

ニキビ痕

ニキビは、初期の面皰(白ニキビ・黒ニキビ)の段階なら、スキンケアだけで治ることもありますが、炎症を起こして赤ニキビや黄ニキビにまで進行した段階では、治ったとしても、「あばた」とか「クレーター」と呼ばれる陥没したニキビ痕が一生残ってしまう可能性があります。

 

腫れて痛みや膿を持っているようなら、自己流のケアでなく、すぐに皮膚科で治療を受けましょう。早く治療を始めるほど、肌へのダメージは少なくてすみます。

ニキビの種類とニキビの進行(悪化)関連ページ

ニキビができる仕組み
大人ニキビも思春期ニキビも、どちらも直接的な原因は毛穴のつまりです。しかし毛穴の詰まり方は異なり、ニキビができやすい場所も異なります。
ニキビの炎症の原因はアクネ菌だけでない
ニキビが炎症を起こすのは、毛穴に詰まった皮脂を栄養源とする常在菌が増殖するからです。アクネ菌だけでなくすべての常在菌が関わっています。
ニキビの種類・症状別治し方
ニキビは、白ニキビ(閉鎖面疱)、黒ニキビ(開放面疱)、赤ニキビ(丘診)、膿疱性?瘡、嚢腫性?瘡と進行し悪化します。それぞれのケア法をご紹介します。
ニキビができやすい肌・肌質
ニキビができやすい人もいれば、できない人もいます。なぜなのでしょう?ニキビができやすい肌はどんな肌質なのでしょうか?
大人ニキビの原因
大人ニキビのできる直接の原因は、毛穴の詰まりと皮脂の過剰分泌です。しかし毛穴の詰まりや皮脂の過剰分泌を引き起こす要因は様々あって複雑にからみあっています。
大人ニキビの正しいスキンケア
間違ったお手入れ方法がニキビを悪化させることが少なくありません。大人ニキビと思春期ニキビは原因が違うので、ケア方法も違います。大人ニキビケアのポイントをご紹介します。
おすすめ大人ニキビケア化粧品
大人ニキビの原因は、肌の乾燥やストレス、ホルモンバランスの乱れなど様々。思春期ニキビ用では効果がないばかりか悪化することも。大人ニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品をご紹介。
ニキビQ&A
ニキビに関する素朴な疑問にQ&A形式でお答えします。