大人ニキビ 保湿

MENU

肌の奥までしっかり保湿がポイント

保湿

大人ニキビの原因は、いろいろな要素が絡み合っていて1つに特定することはできません。しかし主要な原因は、肌の乾燥です。

 

乾燥している肌は、角層が硬く厚くなり、毛穴詰まりを起こしやすい状態であるうえ、皮脂分泌を促してしまいます(⇒詳しくはこちら)。

 

なので、大人ニキビのケアは、肌をしっかり保湿してあげることが一番のポイントです。肌が潤っていれば、角層が柔らかくなり、毛穴の詰まりを起こしにくくなります。余分な皮脂の分泌も抑えられます。

 

特に大切なのは、肌の奥までしっかりと保湿すること。肌表面だけ潤っていても、肌内部が乾燥していれば、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

スキンケア化粧品の選び方・使い方

ニキビは油分が多いと悪化しやすいので、オイル系のものはできるだけ使わないようにしましょう。肌に余分な油分を与えてしまうと、アクネ菌などニキビ原因菌の栄養源になってしまいます。

 

乾燥がひどいときなど、クリームや乳液を使いたい気持ちは分かりますが、できれば化粧水で水分補給をした後、美容液でのお手入れで終わらせることをおすすめします。

 

いつもより乾燥が気になるときは、美容液を重ねづけするのがよいでしょう。どうしてもクリームを使いたい場合は、ニキビのあるところは避けてください。

 

浸透力+保湿力

化粧水・美容液は、浸透力の高さがポイントです。肌の奥にまで浸透する浸透力の高いものを使いましょう。美容成分が肌の奥にまで、そして肌の隅々にまで浸透してはじめて、肌全体に潤いを与えることができます。

 

保湿力に優れているといわれるものでも、成分が肌表面にとどまって、肌の奥には届いていないものも少なくありません。これでは、肌が乾燥していると感じて余分な皮脂の分泌を促してしまいます。

 

美容液は、乾燥を照準にした保湿系を使いましょう。セラミドなど肌のバリア機能をサポートする成分が入っているものがおすすめです。肌の表面を保護することで、肌の潤いを保つとともに、ターンオーバー(肌の新陳代謝)を正常化させるのに効果が期待できます。

 

ニキビのできている肌は、超敏感肌の状態。刺激に敏感で炎症などを起こしやすい状態です。なので、パラベンなどの防腐剤、鉱物油、石油系合成界面活性剤、アルコール、合成着色料など、無配合のものが無難です。

大人ニキビのできやすい肌は保湿が大切関連ページ

大人ニキビの正しい洗顔の方法
大人ニキビのケアで最も多いのが洗顔方法の間違い。洗顔で皮脂を落とし過ぎるのは逆効果です。
余分な皮脂を落として必要な皮脂は残す洗顔法
大人ニキビケアでは、洗顔のし過ぎはダメ。余分な皮脂は除去して必要な皮脂は残す洗顔が大切です。でも「余分な皮脂」「必要な皮脂」って、どう区別するの?