大人ニキビの正しい洗顔

MENU

洗い過ぎは逆効果

ニキビができている肌は、皮脂の分泌が盛んになっています。脂っぽく感じるところは重点的に洗う必要があります。

 

とはいえ、1日に何度も洗顔したり、洗浄力の強い洗顔料を使ってゴシゴシこすってしまうのは逆効果。肌は潤いを失い、乾燥して肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

 

  1. 乾燥した肌は角層が硬くなり、毛穴の詰まりを起こしやすくなります。
  2. 肌は乾燥するとそれを補おうと、皮脂をたくさん分泌します。

 

このように肌が乾燥すると、角層が乱れて毛穴が詰まりやすくなり、皮脂が過剰に分泌され、ニキビができやすい状態を作り出してしまうのです。

 

乾燥した肌は、なぜ皮脂を過剰分泌させるの?

 

ニキビケアの正しい洗顔法

洗顔は朝晩の2回で十分

朝の洗顔

朝の洗顔は、30℃程度のぬるめのお湯で優しく洗顔する程度でいいでしょう。脂性肌の人は洗顔料をよく泡立てて、泡で包み込むように洗いましょう。ゴシゴシと洗うのは厳禁です。

 

夜の洗顔

メイクをした日は、ファンデーションが残っているとニキビの原因になることがあるので、クレンジングも必要でしょう。ノーメイクなら洗顔石鹸で優しく洗うだけでも大丈夫。

 

オイルタイプのクレンジング料は使用を控える

ニキビ菌は油分が大好物です。クレンジングのオイルは、しっかり洗い流したつもりでも毛穴に残ってしまうことがあります。これをエサに、ニキビ菌が繁殖してしまいます。しかも、汚れたファンデーションがオイルといっしょに毛穴に残ると、炎症を起こす原因にもなります。

 

なので、オイルタイプのクレンジングは避け、なるべくジェルやクリームタイプのクレンジングを使用することをおすすめします。濃いメイクをしたときなど、どうしてもオイルクレンジングを使いたいときは、すすぎを丁寧に行うように心がけてください。

 

正しい洗顔法

ステップ1

泡立て

洗顔料を手のひらにとり、たっぷりと泡立てます。手のひらを下にして泡が落ちないのが理想的。肌の上で泡立てるのはNG。

 

 

ステップ2

マッサージ

泡を使ってマッサージ。まず頬、額など面積の広い部分から。小鼻などの細かい部分は、指の先を使って丁寧にマッサージしましょう。

 

 

ステップ3

洗う

泡が残らないように丁寧に洗い流します。必ず流水を使うこと。体温よりも低い、30℃くらいのぬるめのお湯がベスト。

 

 

ステップ4

拭く

洗顔後は柔らかい素材のタオルを使って、軽く肌を押さえるようにして水分を吸収させます。決してゴシゴシこすらないように。

 

 

 

クレンジングと洗顔あわせて1分以内に

クレンジングと洗顔あわせて1分以内におさえましょう。中には、クレンジングを3分以上、長い人では10分以上もして、その後、洗顔フォームを3分以上している人もいるようです。脂分や汚れをしっかり落としたいという気持ちは分かりますが、これは逆効果です。

 

メイクとかの汚れは泡でふわふわと浮いてきます。長くやればやるほど、必要な皮脂まで落としてしまいます。そうなると、あとでいくら化粧水や美容液をつけても肌が潤ってこないということになってしまいますから気をつけましょう。

 

大人ニキビのスキンケア/正しい洗顔の方法関連ページ

余分な皮脂を落として必要な皮脂は残す洗顔法
大人ニキビケアでは、洗顔のし過ぎはダメ。余分な皮脂は除去して必要な皮脂は残す洗顔が大切です。でも「余分な皮脂」「必要な皮脂」って、どう区別するの?
大人ニキビケアは保湿が大切
大人ニキビのケアには保湿が大切です。大人ニキビケアのためのスキンケア化粧品の選び方・使い方をご紹介します。