ホルモンバランスの乱れは大人ニキビの原因

MENU

ホルモンのバランスが皮脂の分泌を左右する

女性もストレスを受けると体が男性的に傾く

ホルモンには男性ホルモンと女性ホルモンがあります。女性も男性ホルモンが分泌されます。男性ホルモンには皮脂の分泌を促す働きがあります。男性にオイリー肌が多いのはこのためです。

 

女性も、ストレスを受けると体が男性的に傾くといわれています。

 

女性は、もともと皮脂の分泌が少なく、毛穴が小さいので、皮脂の分泌が促されると、たとえ皮脂量が多くなくても毛穴が詰まりニキビになりやすいのです。

 

仕事が忙しくなったときになど環境の変化やストレスでニキビに悩まされる女性が多いのは、ホルモンバランスの乱れも要因の一つと考えられます。

 

女性ホルモンとニキビの関係

女性ホルモンもニキビと関係します。生理周期の間で優位になるホルモンが違うからです。

 

生理周期の前半はエストロゲンが優位で肌の調子がよい

生理周期の前半、つまり生理が終わってから排卵日までは、エストロゲン(卵胞ホルモン)が優位になります。エストロゲンは、肌をみずみずしくなめらかに保つ働きがあります。生理が終わった後は、お肌の調子がよく感じられると思いますが、それは、このエストロゲンのおかげなのです。

 

生理周期の後半はプロゲステロンが優位になりニキビができやすい

一方、生理周期の後半、つまり排卵後から次の生理までは、プロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になります。プロゲステロンは、男性ホルモンと同じく皮脂の分泌を促す働きがあります。生理の前になるとポツンとニキビができることが多いのは、このためです。

 

女性ホルモンのバランスが乱れるとニキビができやすい肌に

生理のリズムが乱れている人は、ホルモンのバランスも安定しません。実際は、ホルモンバランスが乱れているから、生理のリズムが乱れるのですが。

 

そのためプロゲステロンが優位になり、皮脂の分泌が促進され続けるケースもあります。女性ホルモンの分泌のピークは25歳前後。特にエストロゲンの分泌が減少すると、新しい細胞を作り出す表皮の新陳代謝(ターンオーバー)が鈍ります。健全な角層が形成されず、毛穴の詰まりを起こしやすくなってしまいます。

 

30代後半から肌トラブルが増える理由

ホルモンバランスを整えるには?

リラックス

女性ホルモンのバランスを整えることで、水分や皮脂の分泌をコントロールすることができます。

 

心身の緊張をほぐすことが効果的ですし、イソフラボンを含む大豆食品やビタミンE、ビタミンCが、女性ホルモンをサポートするとされています。

 

クリニックで女性ホルモン剤や、生理のリズムを整える桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などの漢方薬を処方してもらえます。

 

また、女性ホルモンバランスを整えるスキンケア化粧品などもあります。そういった化粧品を使うのも効果的です。

ホルモンバランスの乱れは大人ニキビの原因になる関連ページ

睡眠不足や睡眠リズムの乱れが原因の大人ニキビ
寝不足や睡眠のリズムの乱れは、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)の乱れにつながり、肌荒れを引き起こし、大人ニキビができやすい肌になってしまいます。
喫煙や多量の飲酒が原因の大人ニキビ
喫煙や深酒は肌荒れの原因。大人ニキビのできやすい肌、治りにくい肌にしてしまいます。
女性に多い冷えが原因の大人ニキビ
手足の冷えに悩まされている女性も多いでしょう。実は冷えが大人ニキビの要因となります。
活性酸素が原因の大人ニキビ
活性酸素は肌にダメージを与え、大人ニキビを悪化させるの要因となります。
ストレスが原因の大人ニキビ
環境が変わったり、急に仕事が忙しくなったりしたとき、ストレスが原因の大人ニキビができることがあります。ポツンと赤く腫れたニキビそのものがストレスになることもありますが、繰り返すストレスニキビの治し方をご紹介します。