活性酸素は大人ニキビを悪化させる原因

MENU

活性酸素が健康な組織を攻撃

活性酸素が肌にダメージを与えることは広く知られています。角層を傷つけ、ターンオーバーを乱し、ニキビができやすくします。

 

活性酸素というのは、まわりの細胞や組織を酸化させてしまう不安定な酸素分子のことです。「酸化」というのは、この不安定な酸素分子と結びつくことで、組織が変質・破壊されることです。

 

活性酸素

体の中に細菌が侵入すると、白血球が細菌を攻撃してやっつけますね。このとき白血球は活性酸素を放出して細菌を攻撃します。

 

ニキビができて細菌が増殖したときも同じです。白血球は、増殖したニキビ菌を活性酸素を放出して攻撃します。ただし、ニキビ菌だけでなく周辺の組織も攻撃し破壊してしまうので、炎症が起きるのです。

 

ニキビの炎症がひどくなるというのは、それだけ周辺の組織が破壊されているということですから、ニキビが治った後も組織が元通り再生されず、ニキビ跡が残る可能性が高くなるのです。

 

活性酸素の「活性」とは?

酸素分子は、通常、原子の周りを16個の電子が取り巻いています。この電子が1つ欠けた不安定な酸素が活性酸素です。

 

電子が欠けた状態は非常に不安定なので、まわりの細胞から電子を奪います。これが酸化です。電子を奪われた細胞は安定性を失い、死んでしまいます。

 

活性酸素の「活性」というのは、このように相手を酸化させようと常にねらっている状態のことなのです。

 

活性酸素を増やす要因は、紫外線をはじめ、ストレス、喫煙、飲酒、大気汚染など数多くあります。大人ニキビのケアでは、そういった外部刺激に対する対応も重要です。

活性酸素は大人ニキビを悪化させる原因になる関連ページ

睡眠不足や睡眠リズムの乱れが原因の大人ニキビ
寝不足や睡眠のリズムの乱れは、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)の乱れにつながり、肌荒れを引き起こし、大人ニキビができやすい肌になってしまいます。
喫煙や多量の飲酒が原因の大人ニキビ
喫煙や深酒は肌荒れの原因。大人ニキビのできやすい肌、治りにくい肌にしてしまいます。
女性に多い冷えが原因の大人ニキビ
手足の冷えに悩まされている女性も多いでしょう。実は冷えが大人ニキビの要因となります。
ホルモンバランスの乱れが原因の大人ニキビ
ホルモンのバランスが崩れると皮脂の分泌が促されニキビができやすくなります。
ストレスが原因の大人ニキビ
環境が変わったり、急に仕事が忙しくなったりしたとき、ストレスが原因の大人ニキビができることがあります。ポツンと赤く腫れたニキビそのものがストレスになることもありますが、繰り返すストレスニキビの治し方をご紹介します。