喫煙・飲酒は大人ニキビの原因

MENU

喫煙や飲酒は活性酸素を発生させ炎症を助長する

喫煙はお肌に大きなマイナス

喫煙は肌荒れの原因

喫煙は肌に様々な悪影響を及ぼします。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ血行を悪くします。血流が悪くなると、肌細胞へ十分栄養が送られなくなりますね。そうすると肌の代謝が低下します。

 

お肌の代謝が低下すると、表皮の働きが弱まり、健康な角層が形成されなくなり、お肌の “かさつき” や “炎症” を起こしやすくなります。肌自体の治癒力が落ちてしまいます。

 

また、表皮だけでなく真皮の働きも衰えますから、しわ、たるみの原因にもなります。

 

さらに、タバコを吸うと、体内に活性酸素を発生させ、お肌の老化を早めてしまいます。活性酸素は体をサビさせ、肌の治癒力を低下させ、炎症を助長させてしまいます。

 

ですから、喫煙は、肌荒れやニキビを起こしやすく、いろいろケアをがんばっても効果が上がらず、治りにくい肌にしてしまうのです。

 

多量の飲酒はお肌にマイナス

お酒を飲むと、タバコを吸ったときと逆に、血流が増えます。なので、適度な量なら血液の循環がよくなり、一時的に代謝もアップします。

 

しかし、多量に摂取するのはマイナスです。血流が増えすぎると、体の中に活性酸素が発生します。お肌の炎症を助長してしまうので、肌荒れ・ニキビが悪化するのです。

 

お酒はほどほどが一番です。

喫煙や多量の飲酒は肌荒れ・大人ニキビの原因になる関連ページ

睡眠不足や睡眠リズムの乱れが原因の大人ニキビ
寝不足や睡眠のリズムの乱れは、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)の乱れにつながり、肌荒れを引き起こし、大人ニキビができやすい肌になってしまいます。
女性に多い冷えが原因の大人ニキビ
手足の冷えに悩まされている女性も多いでしょう。実は冷えが大人ニキビの要因となります。
活性酸素が原因の大人ニキビ
活性酸素は肌にダメージを与え、大人ニキビを悪化させるの要因となります。
ホルモンバランスの乱れが原因の大人ニキビ
ホルモンのバランスが崩れると皮脂の分泌が促されニキビができやすくなります。
ストレスが原因の大人ニキビ
環境が変わったり、急に仕事が忙しくなったりしたとき、ストレスが原因の大人ニキビができることがあります。ポツンと赤く腫れたニキビそのものがストレスになることもありますが、繰り返すストレスニキビの治し方をご紹介します。