肌が乾燥しているのにニキビができる理由

MENU

肌が乾燥していてもニキビはできる!

ニキビのできやすい肌

ニキビができやすい肌質といえば、オイリー肌(脂性肌)を思い浮かべますよね。

 

でも、ニキビに悩んでいるあなた。おそらくオイリー肌ではなく、どちらかといえば乾燥肌に近いのではないでしょうか?

 

実際、肌が乾燥しているのにニキビができるという方が多いのです。それが大人ニキビの特徴です。しかも大人ニキビは、おもに皮脂分泌の少ないUゾーンにできます。

乾燥肌でもニキビができる理由

肌が乾燥しているのにニキビができる主な理由は次の3つです。

  1. 肌が乾燥すると、毛穴の詰まりを起こしやすい。
  2. 乾燥した肌は、皮脂の分泌を促す。
  3. 分泌される皮脂量が、毛穴の大きさに比べて過剰。

 

【理由@】 肌が乾燥すると、毛穴の詰まりを起こしやすい

肌が乾燥するとカサつきます。角層の柔軟性が失われ、硬くなっているからです。毛穴周辺の角層が硬く厚くなり、毛穴の柔軟性が失われ、毛穴がふさがれてしまうのです。

 

また、乾燥した肌は角栓(古い角質と皮脂が混ざり合ったもの)ができやすく、それが毛穴をふさいでしまうのです。

 

【理由A】 乾燥した肌は、皮脂の分泌を促す

皮膚には、もともと、皮脂を分泌して皮脂膜を作り、肌を守る働きがあります。ですから肌が乾燥すると、皮脂を分泌して肌を保護しようとします。肌が乾燥すればするほど、皮脂が足りないと感じて、皮脂の分泌量も増えるのです。

 

こうして、肌が乾燥しているのに皮脂の分泌が増えるといった、一見矛盾した現象が起きるのです(⇒さらに詳しくはこちら)。

 

また、大人ニキビができる肌の場合、肌表面が脂っぽく感じても、肌内部は乾燥しているケースがほとんどです。インナードライの状態ですね。この場合も、肌は潤いが足りないと感じて、皮脂を過剰に分泌させます。

 

ただ、オイリー肌(脂性肌)のように、多量の皮脂が分泌されるわけではありません。皮脂量は少なくてもニキビができるのです。それは、次のもう1つの理由が関係します。

 

【理由B】 分泌される皮脂量が、毛穴の大きさに比べて過剰

皮脂の分泌が増えても、それをスムーズに排出できるだけの大きさの毛穴であれば詰まることはないのですが、皮脂の分泌量に比べて毛穴が小さければ、毛穴が詰まってニキビができます。

 

例えば、男性は女性に比べて皮脂量が2.5倍多いといわれますが、男性全員にニキビができるわけではありませんね。男性の方が毛穴が大きいので、皮脂がスムーズに排出されるからです。

大人ニキビは、顔の中でも「毛穴の小さい部分」にできやすい

顔の中でも皮脂腺の多い部分と少ない部分があります。額から鼻筋にかけて(Tゾーン)は皮脂腺が多く、皮脂の分泌も活発です。なので、思春期ニキビは、この部分に多くできます。

 

皮脂量だけで考えるなら、大人ニキビも同じ部分にできるはずです。しかし実際は、大人ニキビが 「Tゾーン」 に集中してできることはほとんどありません。それよりも、皮脂分泌の少ない頬や顎といったフェイスライン(Uゾーン)にできやすい傾向があります。

 

どうしてかというと、皮脂分泌の盛んな額や鼻筋の毛穴は大きくなり、皮脂がスムーズに排出できるのに対して、頬や顎など皮脂の少ない部分は、毛穴も小さく、詰まりやすいからです。

大人ニキビの予防・ケアは保湿が大切

このように、大人ニキビができるのは、肌が乾燥しているからです。大人ニキビの予防・ケアは、保湿が重要です。

 

特に、肌の奥までしっかり保湿することがポイント。肌表面だけ潤っていても、肌内部が乾燥していれば、皮脂の分泌が促されてしまいます。

 

浸透力・保湿力の高いスキンケア化粧品を使うことが大切です。

肌が乾燥しているのにニキビができるのはなぜ?関連ページ

思春期にニキビができやすい本当の理由
10代の思春期にはニキビができやすくなります。それはなぜなのでしょうか?それは皮脂の分泌が多いからだけではありません。