ニキビができやすい肌質

MENU

ニキビができやすいのは「オイリー肌」だけでない

ニキビのできやすい肌

ニキビができやすい肌タイプとしてあげられるのは、まず、皮脂の分泌が多い、いわゆるオイリー肌(脂性肌)です。これは比較的イメージしやすいでしょう。

 

しかし、脂性肌とは対照的な乾燥肌でもニキビはできやすいのです。大人ニキビに多いのがこのタイプになります。ニキビの原因が皮脂の過剰分泌ということからすれば、何だか矛盾する話ですね。

 

ここでは、なぜ肌が乾燥しているのにニキビができるのか、そこのところを解明しましょう。

 

もう1つ、思春期ニキビについては、一般的に皮脂の過剰分泌が原因とされています。間違いではないのですが、皮脂分泌のピークは20代半ばころです。皮脂分泌の多さが原因であれば、20代半ばに多くの人がニキビを経験してもいいはず。でも一般的にニキビといえば10代の思春期ですね。なぜなのでしょうか?

 

なぜ10代の思春期にニキビができやすいのか、このことも解明しておきましょう。

 

興味のある方は、次ぎをご覧ください。

 

肌が乾燥しているのにニキビができるのは?

10代の思春期にニキビができやすい本当の理由

コンテンツ一覧

 

ニキビができやすい肌質といえば、オイリー肌(脂性肌)を思い浮かべますよね。でも、ニキビに悩んでいるあなた。おそらくオイリー肌ではなく、どちらかといえば乾燥肌に近いのではないでしょうか?実際、肌が乾燥しているのにニキビができるという方が多いのです。それが大人ニキビの特徴です。しかも大人ニキビは、おもに皮脂分泌の少ないUゾーンにできます。

 
 

「ニキビは青春のシンボル」といわれるほど、多くの人が10代の思春期にはニキビを経験するものです。ただ、程度の差があって、ひどいニキビで悩む人もいれば、まったくニキビとは無縁という人もいます。肌質は遺伝的な要素が強いので、両親のどちらかが若いころニキビで悩んだ経験があると、子どももニキビになる確率が高いようです。思春期にニキビができやすくなるのは、この時期に活性化するホルモンの影響といわれています。...