白ニキビの治し方

MENU

白ニキビを悪化させずに治す

白ニキビ(コメド)は、ニキビの初期段階。なので、スキンケアの方法さえ間違わなければ、比較的早く良くなります。

 

白ニキビを治したいとき、ニキビのできにくい肌に改善したいときのスキンケアのポイントと、おすすめのニキビケア化粧品(スキンケア化粧品)をご紹介します。

 

「白いポツポツ」が気になっている方

 

白ニキビ

顎や口まわり、頬など、いつも同じようなところにできる白い小さいポツポツ。あなたが気になっている白いポツポツは写真のようなものではありませんか?

 

これが白ニキビ(コメド)です。ニキビの中心に白く透けて見えるのは、皮脂と古い角質が混ざったもので「角栓」と呼ばれます。この角栓が毛穴をふさぎ、出口を失った皮脂が毛穴の中に溜まって、プクッと盛り上がっているのです。

 

あご・フェイスラインの白ニキビが気になっている方はコチラがおすすめ

 

正しい洗顔と保湿がポイント

白ニキビのケアは、正しい洗顔と保湿がポイントです。

 

正しい洗顔 <洗いすぎはNG>

洗顔の一番のポイントは、洗いすぎないこと。「顔の脂分をキレイに洗い落とした方が早く治るのでは?」と思うかもしれませんが、洗いすぎは逆効果です。

 

必要な油分まで取り除いてしまうと、かえって皮脂が過剰に分泌されます。ニキビが治りにくくなるばかりか、ニキビができやすい肌になってしまいます。

 

肌には、もともと皮脂を分泌して皮脂膜を形成し、肌を守る働きがあります。なので、洗顔で皮脂膜を落としてしまうと、皮脂を過剰に分泌させてしまう作用が働くのです。

 

余分な皮脂を落として必要な皮脂は残す洗顔を心掛けてください。

 

洗浄力の強すぎる洗顔料は避けましょう。10代のニキビケアに使われるような洗顔料は、皮脂を落とし過ぎてしまいます。大人ニキビのケアには、大人ニキビ用の洗顔料を使いましょう。最近は、皮脂汚れの吸着力に優れた洗顔料がありますから、そういった洗顔料を使うと効果的です。

 

ニキビを直接こすって刺激を与えないことも大切です。早く治したい気持ちは分かりますが、ニキビの表面を強くゴシゴシ洗うと、刺激を与えて悪化することがあります。

 

肌の奥までしっかり保湿

洗顔とあわせて大切なのは保湿です。

 

角栓ができるのは、肌の乾燥が主な原因です。肌が乾燥すると、角層が硬く厚くなったり、古い角質が剥がれ落ちずに皮膚表面に留まりやすくなるからです。

 

また、肌が乾燥していると、皮脂の分泌が促されてしまいます。

 

ですから、ニキビのできにくい肌になるには、保湿がとても大切なのです。

 

しっかり保湿しているのにニキビができる人

しっかり保湿しているのにニキビができてしまうという人は、肌の内部まで保湿成分が浸透していない可能性があります。

 

肌表面が潤っていても、肌内部が乾燥した状態(インナードライ)なら、皮脂の分泌は促されます。保湿成分の浸透力の高い化粧品に替えてみましょう。

 

保湿成分の浸透力に優れたニキビケア化粧品はこちら

 

白ニキビ・大人ニキビのケアに おすすめの化粧品はコチラ!

大人ニキビに悩んできた多くの女性が利用し、満足度の高いスキンケア化粧品(ニキビケア化粧品)をセレクトしてご紹介しています。

顎・口周り・頬の白い小さいポツポツ(白ニキビ・コメド)の治し方関連ページ

黒ニキビの治し方
顎や口周り、頬など顔のUゾーン・フェイスラインにできる、中心が黒い小さいポツポツ。それは黒ニキビかも。白ニキビの症状が進んだものです。
赤ニキビの治し方
顎や口周り、頬など顔のUゾーン・フェイスラインにできる赤いポツポツは、赤ニキビかも。スキンケアで赤ニキビを治すときの注意点、おすすめのニキビケア化粧品をご紹介。