チョコレート ニキビ

MENU

チョコレートとニキビの関係

チョコレート

チョコレートをたくさん食べたら、翌日、ポツンとニキビができた…。そんな経験ありますね。

 

思春期のころ、こうした経験をした人は少なくないでしょう。

 

日本チョコレート・ココア協会は「ニキビは、チョコレートを食べることとは関係ありません」と明確に否定しています。

チョコレートを食べると、ニキビができる?

 

ニキビは皮脂腺から出たアブラが毛穴につまってしまい、そこに細菌が繁殖するためにできるもので、ホルモンのバランスがくずれやすい思春期に多くにみられます。また体調の悪いときや皮膚を清潔に保っていないときなどもみられ、チョコレートを食べることとは関係ありません。医学的にも、ペンシルバニア大学の研究結果などでチョコレートを食べることとニキビの悪化とは無関係なことが証明されていますし、アメリカ食品医薬品局(FDA)はニキビと食事とを関係づける科学的根拠はないとの見解を示しています。

(日本チョコレート・ココア協会「よくある質問」より)

 

「でも、できるんです!」っていう声が聞こえてきそうですね。じゃあ、なぜチョコレートを食べると、ニキビができることがあるのでしょうか?

 

なぜ、チョコを食べるとニキビができることがある?

ニキビのできる仕組みを思い出してください。ニキビは毛穴の詰まりが原因ですね。

 

思春期ニキビは、@ホルモンバランスが不安定で皮脂が過剰に分泌されること、A毛穴が成長段階で皮脂がスムーズに排出されないこと――が主な原因で毛穴の詰まりを起こします。

 

大人ニキビの場合には、紫外線や乾燥など外部からの刺激、ストレスやホルモンバランスの乱れ、肌のターンオーバーの乱れなど、様々な要因によって皮膚の角層が硬く厚くなり、毛穴詰まりを起こしやすくなってできるものです。

 

ですから、チョコレートを食べることが、直接ニキビの原因となるわけではありません。また、チョコを食べたらニキビができる具体的なメカニズムも解明されていません。

 

一つ言えることは、皮脂の分泌は食事と深く関係しているということです。

 

甘いもの・油っこいもの・刺激物は、皮脂の分泌を促す

油分、糖分の摂り過ぎはニキビのもと

特に、甘いものや油っこいものは、皮脂の分泌を促進すると言われています。また、コーヒーやカレー、スパイスの効いたエスニックフードなど刺激物も、炎症を悪化させ、皮脂分泌を促進する作用があるとされています。

 

さらに、レトルト食品やお菓子類など添加物の多いものも、体の中で活性酸素をたくさん生じさせ、炎症を悪化させる要因になりますから、避けた方がよいでしょう。

 

疲れたときには、チョコレートなど甘いものが体や脳によいとも言われるし、ナッツ類もポリフェノールが豊富で摂りたい食材です。ただ「ほどほどに」が一番のようですね。

チョコレートを食べるとニキビができるって本当?ウソ?関連ページ

ニキビを潰してしまったときの正しいケア
ニキビができたら清潔に保ち絶対に潰さないこと。でも、もし潰してしまったら?
アクネ菌などニキビ原因菌が繁殖すると炎症を起こすのはなぜ?
ニキビが悪化すると、ニキビ原因菌(アクネ菌など)が増殖して炎症を起こしますが、細菌が増えるとどうして炎症を引きこすのでしょうか?
ニキビがいつも同じ場所にできるのはなぜ?
ニキビはいつも同じような場所にできていませんか?実はニキビは、同じような場所でなく、全く同じ場所に再発するのです。その理由は?
ニキビはうつるの?
ニキビを潰すと液体が出ますが、それを触った指で皮膚の他の部分を触るとニキビがうつるの?ニキビを潰したときに出る液体って、そもそも何?
ニキビはボディにもできるの?
ニキビは顔だけでなくボディ(背中、胸元など)にもできます。背中ニキビ、胸ニキビと呼ばれます。
ニキビと湿疹はどう違うの?
ニキビも湿疹もポツンと赤い発疹ができますが、かゆみがあるかどうかなど違いがあります。
ニキビ肌メイクの注意点/ファンデーション選び
ニキビができた時、メイクをしない方がいいのは分かっていても、ノーメイクで出かけることはできませんね。ニキビ肌にやさしいファンデーションを選ぶことが大切です。