肌 女性ホルモン 関係

MENU

エストロゲンとプロゲステロン

生理の前後で肌の状態が違ったり、同じケアをしても効果の現れ方が違うということはよくあることです。お肌は女性ホルモンの影響を受けて変化するからです。

 

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。この2つのホルモンのどちらが多くなっているのか、少なくなっているのかによって、体調やお肌のコンディションも変化します。

 

お肌の状態とエストロゲン(卵胞ホルモン)の関係

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、子宮内膜を厚くして妊娠準備をするホルモン。お肌の潤いを保ち、コラーゲンの産生能力を高めるなど、女性ならではの肌の若々しさを保ちます。

  • エストロゲンの分泌が多い時期は、お肌が潤い、余分な皮脂の分泌が抑えられ、お肌はいい状態になります。
  • エストロゲンの分泌が減る時期は、お肌が乾燥しやすく、肌トラブルも多くなります。

こうしたことから、エストロゲンは、別名「美肌ホルモン」ともいわれます。

 

お肌の状態とプロゲステロン(黄体ホルモン)の関係

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、子宮内膜を柔らかく成熟させるホルモン。体温を上昇させるほか、皮脂の分泌やメラニンの産生を活発にする働きがあります。

  • プロゲステロンの分泌が多い時期は、皮脂の分泌が増え、メラニンを産生する働きが活発になり、ニキビやくすみなど、お肌のトラブルが起こりやすくなります。

 

エストロゲンの分泌がピークになるのは排卵期。このころは、お肌の調子がもっともよくなる時期です。

 

生理中は、エストロゲンもプロゲステロンも、最も少なくなる時期。プロゲステロンが減少すると皮脂の分泌量も減るので、ニキビ肌の場合にはニキビが改善されることもありますが、エストロゲンも減少しているので、肌が乾燥して肌荒れしやすくなります。

美しくなるためのカギは女性ホルモンにある

女性のカラダは女性ホルモンによってコントロールされています。頭痛・生理痛・腹痛・肩こり・冷え・むくみ・疲れなどの体の不調、イライラ・不安・不眠など心の症状、乾燥・吹き出物・シミ・シワなど肌トラブル…。これらは女性ホルモンの影響が大きいのです。

 

女性ホルモンは、女性の体が妊娠・出産できるように準備するとともに、女性らしい体をつくるという役割があります。お肌や髪をキレイに保つのも女性ホルモンの働きです。

 

なので、女性ホルモンが一定のサイクルで規則正しく分泌されて、体が健康な状態であることは、心身を健やかに保つと同時に、キレイでいるためにとっても大切なことなのです。

お肌のコンディションと女性ホルモンの関係記事一覧

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量の変化によって、お肌の状態が変化します。それぞれの状態にあったスキンケアをすることが、肌トラブル防止につながります。生理周期を、生理初日を起点として、生理期(生理開始1日〜5日目)卵胞期(6日〜12日目)排卵期(13日〜15日目)黄体期(16日〜21日目)生理前期(22日〜28日目)に分けて、それぞれの時期の性ホルモンの分泌量、お...

 
 

30代後半を過ぎたころから増える肌トラブル。それは女性ホルモン(エストロゲン)の減少が関係しています。エストロゲンは、30代後半から大きく減少しはじめます。(グラフ:ラ・ミューテ提供)加齢のほか、ストレスも、エストロゲン減少に影響しているといわれます。エストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれ、分泌のピークは25歳ころ。20代〜30代は、エストロゲンの分泌が安定した時期です。女性が最も美しく輝くのが...

 
 

「成長ホルモン」って、身長を伸ばし、子ども時代に必要なホルモンというイメージがあると思います。しかし、大人だって成長ホルモンは分泌されるし、大人にも成長ホルモンは必要なのです。たしかに成長ホルモンが最も多く分泌されるのは、身長がグンと伸びる10代。子どもの発育に欠かせないホルモンとして知られています。しかし成人後も、分泌量は10分の1以下に減るものの、成長ホルモンが分泌されているのです。大人の成長...