ターンオーバー バリア機能

MENU

ターンオーバーの乱れが肌におよぼす影響

ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)は、遅くなっても早くなっても肌トラブルを引き起こしてしまいます。ですからスキンケアでは、ターンオーバーを正常化させるケアが大切です。
 ※ 正常なターンオーバーは、約28日周期といわれています。

 

ターンオーバーが遅くなるケース

加齢などでターンオーバーが遅くなる(周期が長くなる)と、古い角質細胞が皮膚表面にとどまる期間が長くなります。一般的に30代〜40代になると、ターンオーバーは45日程度になると言われています。

 

ターンオーバーが遅くなると、古い角質がはがれ落ちずに皮膚表面にとどまり、「くすみ」や薄皮を重ねたような「ごわつき」が出てきます。またメラニンの排出ができず、色素沈着を招きシミができやすくなります。

 

ターンオーバーが早くなるケース

一方、ターンオーバーが早くなる(周期が短くなる)ことでも、肌のトラブルを招きます。

 

敏感肌は、肌内部に炎症を起こしていますから、それを修復しようと肌の新陳代謝(ターンオーバー)が活発になります。

 

実は年齢を重ねて肌トラブルを起こしている方でも、こちらのケースが多いとも言われています。洗顔やクレンジングで過剰に角質を取ってしまい、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を早め、肌トラブルを引き起こしているケースが多いのです。

 

通常、角質細胞には核がなく薄い細胞ですが(⇒ターンオーバーの仕組み、ターンオーバーが早まると、核をもったままの細胞が表面に押し上げられてしまいます。核をもった細胞で構成される角層(角質層)は分厚く硬くなります。皮膚表面の保湿力が低下して、肌が乾燥したり、ゴワゴワしやすくなります。

 

このように不完全で未熟な「角質細胞」が肌表面に現れ、皮膚のバリア機能が低下してしまうのです。

敏感肌を治すにはターンオーバーの正常化がカギ

一般的な敏感肌スキンケア化粧品は、保湿によって肌のバリア機能を回復させようとするものです。一時的に肌は潤いますが、残念ながらターンオーバーを正常化し、角層を修復することまではできません。

 

敏感肌化粧品を使っているのに、お肌がピリピリしみるという経験のある方もいると思いますが、それは、お肌のバリア機能が改善されていないからです。敏感肌を治すには強い角層の再生がポイントです

 

ターンオーバーの正常化で敏感肌を根本から改善するディセンシア化粧品

敏感肌化粧品をいろいろ試しても、やっぱり自分の肌に合わない、と感じていた方も多いと思います。そんな方には、ディセンシアのスキンケア化粧品がおすすめです。

 

こちらの化粧品は、ポーラ研究所の開発した特許技術ヴァイタサイクルヴェールで、お肌のターンオーバーを正常化させ、敏感肌を根本から改善することが可能です。

 

お手入れのときに肌がしみることもなく、敏感肌女性の間で人気の高いスキンケア化粧品です。トライアルセットもあり、返金保証もついているので、自分のお肌に合うかどうか、試してみてはいかがでしょうか?

ターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が低下する関連ページ

肌の仕組み
皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織と3層で構成されています。
肌のバリア機能
皮膚は外部の刺激から体を守るとともに、肌内部を保護するバリアの役割を果たしています。
真皮の構造
真皮は肌にハリ・弾力を与え、若々しさを保つ働きがあります。
表皮の構造
表皮は角質層(角層)、顆粒層、有棘層、基底層の4層構造で、外部からの刺激をブロックし、肌内部を保護する働きがあります。
角層の構造
皮膚の一番外側にある角層には、外部刺激をブロックし皮膚と体を守るとともに、肌内部の潤いを逃がさない大切な役割があります。角層の構造・細胞間脂質のラメラ構造についての説明です。
肌トラブルの原因は皮膚(角層)のバリア機能の低下
化粧水で顔がピリピリしみたり、乾燥した季節になると肌がかゆくなったり、こういった肌トラブルの原因は角層(角質層)のバリア機能の低下にあります。
線維芽細胞
線維芽細胞は、真皮層の中でコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す細胞で、お肌のハリ・弾力を生みだすうえで重要な役割を果たします。
ターンオーバーとは
表皮ではたえず新しい細胞が作り出され、肌は生まれ変わっています。ターンオーバーが遅くなっても早くなっても肌トラブルの原因となります。