真皮 構造

MENU

真皮の構造と働き

真皮の構造

表皮を内側から支えるのが真皮で、お肌の弾力に大きく関わっています。ですから真皮が衰えると、シワ・たるみが目立つようになるのです。

 

真皮は、多量のコラーゲン(膠原(こうげん)線維)と少量のエラスチン(弾力線維)が網目状に絡み合ってできています。その隙間をヒアルロン酸などを成分とするゼリー状の基質がうめています。

 

この網の目状に張り巡らされたコラーゲンとエラスチン、その隙間を埋めるヒアルロン酸が、お肌のハリを作り出すクッションの役割を果たします。

 

特にコラーゲンは、真皮を構成する組織の70%を占め、お肌の弾力を決めるとされています。

 

真皮を構成する成分

コラーゲン

(膠原線維の主成分)

繊維状の構造を作る性質を持ったタンパク質の一種。真皮の主成分で、膠(にかわ)質(ゼラチン状)の性質があります。皮膚の弾力やハリを保ち、水分を逃がさない働きを持っています。紫外線や加齢などで減少します。

エラスチン

(弾力線維の主成分)

繊維状の成分でタンパク質の一種。真皮内でコラーゲン繊維をつなぎとめる役割をしています。比較的細かく短い、弾力のある線維からできているため、弾力線維と呼ばれます。真皮の約5%を占めていますが、加齢とともに減少します。

ヒアルロン酸

(基質の主成分)

優れた保湿機能を持つゼリー状の組織。皮膚の水分を保つ働きがあり、その保湿力は、ヒアルロン酸1グラムで水分6リットルを抱え込むことができると言われています。赤ちゃんの肌がしっとりして弾力があるのは、このヒアルロン酸がたっぷりとあるためです。年齢とともに減少します。

コラーゲンなどを作り出す線維芽細胞

真皮の中には繊維芽細胞と呼ばれる細胞が点々と存在します。この線維芽細胞が、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出し、古くなったコラーゲンやエラスチンを分解します。

 

線維芽細胞は、お肌のハリ・弾力にとって、とても重要な役割を果たしています。

 

線維芽細胞について詳しく見る

真皮の構造と働き|お肌にハリ・弾力を与えるコラーゲンを生成関連ページ

肌の仕組み
皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織と3層で構成されています。
肌のバリア機能
皮膚は外部の刺激から体を守るとともに、肌内部を保護するバリアの役割を果たしています。
表皮の構造
表皮は角質層(角層)、顆粒層、有棘層、基底層の4層構造で、外部からの刺激をブロックし、肌内部を保護する働きがあります。
角層の構造
皮膚の一番外側にある角層には、外部刺激をブロックし皮膚と体を守るとともに、肌内部の潤いを逃がさない大切な役割があります。角層の構造・細胞間脂質のラメラ構造についての説明です。
肌トラブルの原因は皮膚(角層)のバリア機能の低下
化粧水で顔がピリピリしみたり、乾燥した季節になると肌がかゆくなったり、こういった肌トラブルの原因は角層(角質層)のバリア機能の低下にあります。
線維芽細胞
線維芽細胞は、真皮層の中でコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す細胞で、お肌のハリ・弾力を生みだすうえで重要な役割を果たします。
ターンオーバーとは
表皮ではたえず新しい細胞が作り出され、肌は生まれ変わっています。ターンオーバーが遅くなっても早くなっても肌トラブルの原因となります。
ターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が低下する
正常なターンオーバーは、肌のバリア機能にとっても美肌づくりにとっても大切です。