美肌の構造

MENU

美肌への第一歩は、お肌について知ることから

雑誌で流行のメイクをチェックしたり、新色の口紅を試してみたり…、女性にとって楽しい時間ですよね。

 

でも、ある年齢を境に、鏡を見るのが憂鬱に感じるようになるものです。

 

年齢が上がると、肌の美しさが見た目年齢の決め手。メイクで彩るよりも、素肌そのものを美しくするケアが大切になります。

 

キレイになりたいなら、まずは自分の肌について知るのが大切。美肌への第一歩です。

コンテンツ一覧

 

皮膚は、表面から表皮、真皮、皮下組織という3つの層からできています。表皮の厚みは0.2o程度。しかも肌のバリア機能を果たすのは、その最も表面の角層(角質層)と呼ばれる部分。わずか0.02mmほどの非常に薄い膜です。「お肌をこすってはいけない」と言われるのはそのため。お肌のお手入れは、「優しく丁寧に」を心がけましょう。皮脂膜は “天然のクリーム”皮膚の表面では、皮脂腺から分泌される皮脂とエクリン汗腺...

 
 

紫外線、気温の変化、細菌、化学物質など、私たちは常に目に見えない刺激に囲まれています。皮膚は、外部の刺激から体を防御(=バリア)する役割を担っています。もし皮膚がなかったら、紫外線や細菌、化学物質など外部からの刺激が直接、体を攻撃してしまいますね。皮膚は、体の最前線で様々な外部の刺激と戦っているのです。ですから肌トラブルは、ある意味、皮膚が外部の刺激物質と戦っている証拠なのです。とはいえ、皮膚のバ...

 
 

表皮を内側から支えるのが真皮で、お肌の弾力に大きく関わっています。ですから真皮が衰えると、シワ・たるみが目立つようになるのです。真皮は、多量のコラーゲン(膠原(こうげん)線維)と少量のエラスチン(弾力線維)が網目状に絡み合ってできています。その隙間をヒアルロン酸などを成分とするゼリー状の基質がうめています。この網の目状に張り巡らされたコラーゲンとエラスチン、その隙間を埋めるヒアルロン酸が、お肌のハ...

 
 

皮膚の最も外側にある表皮は、角層(角質層)、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層の4層で構成されています。手のひらや足の裏など角質層の厚い部分では、角質層と顆粒層の間に透明層という細胞構造のない部分が存在し、5層になっているところもあります。表皮は0.2o程度の薄さ。表皮は水分を保ち、外部の刺激から体を守るのが大きな役割です。敏感肌や乾燥肌は、この表皮のトラブルが要因となって起...

 
 

皮膚には外部の刺激から体を守り、同時に水分を閉じ込める大切な役割があります。皮膚のバリア機能と呼ばれるものですが、その役割を果たすのが皮膚の最も外側にある、わずか0.02oほどの厚さの角層(角質層)です。バリア機能をしっかり果たせる健康な角層が、どのような構造になっているか見てみましょう。角質細胞が「レンガの塀」のように並んでいる角層(角質層)は、角質細胞が「レンガの塀」のように並んで形成されてい...

 
 

肌トラブルを引き起こす原因は、皮膚の最も外側の角層(角質層)の乱れによる皮膚のバリア機能の低下です。健康な肌とバリア機能の低下した肌の違いを見てみましょう。健康な肌健康な肌は、皮脂膜が皮膚を覆って保護し、角質細胞がきちんと並び、その間をセラミドなどの細胞間脂質がびっしりと埋めるラメラ構造になっています。そのため、水分が肌内部を潤し、外部刺激や有害物質も入り込めません。バリア機能の低下した肌バリア機...

 
 

真皮の中には繊維芽細胞と呼ばれる細胞が点々と存在します。この線維芽細胞が、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出し、古くなったコラーゲンやエラスチンを分解します。線維芽細胞は、お肌のハリ・弾力にとって、とても重要な役割を果たします。ですから、エイジングケアでは、線維芽細胞を活性化させることが大切なのです。コラーゲンは肌から浸透しない!エイジングケア化粧品の中には、コラーゲン配合をうたったもの...

 
 

ターンオーバーとは表皮では、たえず新しい細胞が作り出され、一定のサイクルで生まれ変わっています。これをターンオーバーといいます。ターンオーバーとは皮膚の新陳代謝ことです。ターンオーバーの仕組み基底層で「ケラチノサイト」と呼ばれる有核の表皮細胞が生まれます。有棘層(ゆうきょくそう)、顆粒層(かりゅうそう)と形を変えながら表皮の表面へと押し出されていきます。細胞核のない角質細胞になります(角化)。角質...

 
 

ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)は、遅くなっても早くなっても肌トラブルを引き起こしてしまいます。ですからスキンケアでは、ターンオーバーを正常化させるケアが大切です。 ※ 正常なターンオーバーは、約28日周期といわれています。ターンオーバーが遅くなるケース加齢などでターンオーバーが遅くなる(周期が長くなる)と、古い角質細胞が皮膚表面にとどまる期間が長くなります。一般的に30代〜40代になると、ターン...