ビフィズス菌・乳酸菌サプリ選びで本当に大切なポイント

MENU

菌の種類が多いことが一番大切

乳酸菌サプリ選びで最も大切なのは、「菌の種類が多いもの」を選ぶということです。

 

「生きた菌が腸まで届く」とか「○○菌が何十億個ある」と特定の菌の数が多いことをアピールした乳酸菌サプリが人気です。生きた菌をたくさん摂る方が、何となく体によさそうに思えるからですね。

 

しかし、実は乳酸菌サプリ選びにおいて、「菌が生きているかどうか」とか「菌の数がどれくらいか」といったようなことは、それほど重要な要素ではありません。

 

乳酸菌を摂るときには、もともと棲みついている菌との相性が一番大切なのです。

 

人それぞれ菌との相性がある

一般的に体に良いといわれる菌を何十億個、何百億個と大量に摂っても、その人と相性の良い菌でなければ、善玉菌としての働きは期待できません。

 

ヨーグルトを毎日食べたり、乳酸菌サプリを毎日摂っているのに「あまり変わらない」「スッキリしない」という方もいるでしょう。そういうケースでは、「菌との相性が良くないのではないか」ということが1つの理由として考えられます。

 

腸内には「定住菌」と呼ばれる長く棲みついている菌がいます。そういった「定住菌」と相性の良くない菌は、乳酸菌など善玉菌であっても排除されてしまうのです。

 

ですから、乳酸菌サプリを選ぶときには、相性の良い乳酸菌を見つけることが大切なのです。しかし、相性の良い乳酸菌を見つけるといっても、相性の良し悪しは、実際に摂取してみないことには分かりません。

 

いろいろ違った菌を試してみる方法もありますが、一番いいのは、やはり菌の種類の多い乳酸菌サプリを試してみることです。

 

生きた菌でなくてもよい

乳酸菌は、ヨーグルトをはじめ、チーズ、味噌、納豆などの発酵食品に含まれていますが、食品に含まれている乳酸菌は、ほとんどが胃酸によって死んでしまうので、生きたまま腸に届かないといわれています。そうしたことから、「生きたまま腸に届く乳酸菌」が人気です。

 

しかし、最新の腸内細菌研究によれば、乳酸菌は「生きた菌」「死んだ菌」は関係なく、どちらも良い働きをすることが分かっています。

 

「生きた菌」は生きた菌として働き、「死んだ菌」は体内に棲息している善玉菌のエサとなとなるからです。

 

ですから、「生きた乳酸菌」にこだわる必要は何もありません。それよりも、たくさんの種類の善玉菌を摂ることが大切なのです。

 

ビフィズス菌・乳酸菌サプリ選びで本当に大切なポイント関連ページ

おすすめ乳酸菌サプリ
数ある乳酸菌サプリの中から、いま最も注目され人気の高い乳酸菌サプリを厳選してご紹介。乳酸菌サプリ選びで迷っている方、従来の乳酸菌で効果を感じられなかった方はご覧ください。