便秘と肌トラブル|便秘の改善と予防法

MENU

便秘と肌トラブル|便秘の改善と予防法記事一覧

 

便秘になると、お腹が張ったり痛くなったり、場合によっては、頭痛やめまいなどが引き起こされます。また、肌荒れの原因にもなります。それは、腸内の悪玉菌が増え、有害物質が作り出されるからだといわれています。悪玉菌の出す毒素が、血液中に溶け込んで全身を巡り、他の臓器や器官に悪影響を及ぼします。腸内で発生した毒素が、肌に出れば、肌荒れや吹き出物を引き起こし、神経に影響を与えれば、イライラや頭痛などにもつなが...

 
 

善玉菌(=乳酸菌)の種類善玉菌は、体に有用な働きをする菌の総称で、その代表格は「ビフィズス菌」。そのほか「乳酸桿菌」「腸球菌」があります。これらは「乳酸菌群」と呼ばれます。桿菌(かんきん)とは、細長い棒状の細菌のことです。細菌を形状で分類すると、大きくは「球菌」と「桿菌」に分けられます。乳酸菌というのは、糖を分解して乳酸を生成する細菌類の総称です。ビフィズス菌は、かつては乳酸桿菌の一種と見なされて...

 
 

悪玉菌というのは、体の健康にとって有害な作用をもたらす菌の総称です。「ウェルシュ菌」「大腸菌」「ブドウ球菌」「緑膿菌」などの「腐敗筋群」を悪玉菌といいます。悪玉菌という名前が付いてはいますが、大腸菌など、ビタミンの合成や感染症を防ぐなど体に有用な働きもあるので、それぞれ単独でみると、一概に「悪玉」といえない側面もあります。しかし、その数が増加し、一定数を超えると、腸内のタンパク質を腐敗させ、アンモ...

 
 

腸内で最も多いのは、善玉菌でも悪玉菌でもありません。そのどちらにも当てはまらない菌です。それらは、善玉菌・悪玉菌の優勢な方に味方するので「日和見菌」と呼ばれます。人間社会の縮図のような感じですね。「バクテロイデス」「ユウバクテリウム」「嫌気性連鎖球菌」「クロストリジウム」などの嫌気性細菌などを総称して「日和見菌」と呼んでいます。日和見菌は、悪玉菌が繁殖すると悪玉菌になびき、悪玉菌の割合が減少すると...

 
 

「腸内フローラ」は、一般に「お花畑」に例えられます。何となく分かる気はするけど、やっぱりよくわからない!そんな方のために「腸内フローラ」を分かりやすく徹底解説!細菌の腸内での様子は「お花畑」に似ている「フローラ」というのは、ある一定の地域に生えている植物すべての種類のことです。野山に咲いている草花を思い出してください。植物は、その種類ごとに群生していますね。植物の種類ごとに、かたまって咲き乱れてい...