保湿しても乾燥する

MENU

正しい保湿の秘訣

浸透力の高い化粧品を使う

保湿しても、すぐに肌が乾燥するのは、保湿成分が肌の奥まで浸透していない可能性があります。肌の内部は乾燥したままの状態、つまり「インナードライ」の状態です。

 

肌表面を潤しているだけですから、化粧水や美容液をつけたときは潤っていても、水分はすぐに蒸発してしまいます。

 

美容成分の浸透力は、化粧品によって異なります。できるだけ浸透力の高いものを使いましょう。

 

肌のバリア機能を強化できる化粧品を使う

また、肌のバリア機能が低下している可能性があります。肌のバリア機能には、外部からの刺激をブロックする役割とともに、肌内部の潤いを閉じ込める役割があります。

 

乾燥肌・敏感肌は、お肌のバリア機能が低下し、肌が潤い成分を閉じ込めることができにくい状態です。

 

お肌のバリア機能を担っているのは、皮膚の一番表面の角層(角質層)です。角層は、角質細胞が整然と並び、その隙間を細胞間脂質(セラミド)が埋めています。これが崩れると、肌のバリア機能が低下します。

 

ですから、肌のバリア機能を強化するには、健康な角層を再生する必要がります。それには、肌のターンオーバーの正常化とセラミドを補うことがポイントです。

セラミド保湿・ターンオーバーの正常化ができるおすすめの化粧品はこちら

セラミド保湿ならディセンシア「つつむ」シリーズがおすすめです。ディセンシアの特許技術ヴァイタサイクルヴェールで、ターンオーバーの正常化ができ、超乾燥肌・超敏感肌の改善にも有効な化粧品です。

 

女性ホルモンを整えて美肌をめざすならこちら

有効成分の浸透力の高いラ・ミューテ「美肌セット」もおすすめです。メイン成分は、ダマスクローズから抽出したローズウォーター。浸透力が高く、セラミドやヒアルロン酸も配合。保湿力が高く、女性ホルモンを整えて美肌に導いてくれます。

保湿してもすぐに肌が乾燥するのは?/正しい保湿の秘訣関連ページ

20代・30代のスキンケアには乳液やクリームは不要?
20代・30代の肌には、乳液やクリームは必要ありません。シンプルなスキンケアがおすすめです。