20代・30代のスキンケアには乳液やクリームは不要?

MENU

20代・30代は、乳液やクリームはいらないの?

従来は年齢に関係なく、洗顔後は化粧水で水分を補い、美容液をつけ、乳液やクリームの油分でフタをするといったスキンケア方法が主流でした。

 

でも今は、お肌の潤いを守るのに必要なのは、肌表面にぬる油分でなく、水分と結合するセラミドなどの保湿成分ということが分かっています。

 

保湿に必要なのはセラミド

もともと皮膚には、潤いを逃がさない仕組みが備わっています。その中で最も強力なのがセラミドです。セラミドには、水をサンドイッチ状に挟み込む性質があります(⇒ラメラ構造)。

 

セラミドには、どんなに乾燥した環境のもとでも、水分をつなぎとめておく働きがあります。湿度がゼロになっても蒸発しないといわれています。

 

セラミドは、皮膚の中で作られます。ただし、年齢とともに減少します。セラミドの量が少ないと、肌が乾燥するのです。

 

ですから、セラミドを含んだ美容液などでセラミドを補うことが、本当の意味での保湿になるのです。乳液やクリームの油分でフタをすることが保湿ではありません。

 

クリームは皮脂量の減る30代後半からで十分

乳液やクリームは、油分と水分を混ぜ合わせたものです。もともと肌は、皮脂という天然の油分を分泌して、皮脂膜という天然のクリームを形成して、肌を守っています。

 

なので、皮脂が十分に分泌される20代・30代では、乳液やクリームをつける必要はないのです。

 

というより、皮脂量が十分なうちは、乳液をつけてもテカるだけです。目もとや口もとなどの乾燥が気になるとき、部分的に使えばいいのです。

 

大人ニキビができているときに、乾燥が気になる場合、乳液やクリームをつけようかどうしようか迷うかもしれませんが、その必要はないということです。乾燥が気になるなら、美容液を二度づけすればいいのです。ニキビ菌の栄養となる油分を顔につけなくていいから安心です。

 

皮脂の分泌が減る30代後半なら、お肌の乾燥が気になる場合は、美容液をつけたあと、Uゾーンにクリームをのせるといいでしょう。

セラミド保湿がしっかりできるおすすめの化粧品はこちら

セラミド保湿ならディセンシア「つつむ」シリーズがおすすめです。ディセンシアの特許技術ヴァイタサイクルヴェールで超乾燥肌・超敏感肌の改善にも有効な化粧品です。

 

女性ホルモンを整えて美肌をめざすならこちら

女性の肌トラブルには女性ホルモンの乱れが関係しています。女性ホルモンを整えて美肌をめざすならラ・ミューテがおすすめです。ダマスクローズから抽出したローズウォーターが女性ホルモンを整え、美肌に導いてくれます。もちろんセラミドやナノヒアルロン酸も配合。保湿力の高い化粧品です。

 

大人ニキビのケアにおすすめの化粧品はこちら

大人ニキビの主な原因は肌の乾燥。こちらの化粧品は、ニキビに有効な成分を配合しているとともに、保湿力に優れているので、ニキビのケアとともに、ニキビのできにくい肌に改善してくれます。

20代・30代のスキンケアには乳液やクリームは不要?関連ページ

保湿してもすぐに肌が乾燥するのは?
しっかり保湿しているのに、すぐ肌が乾燥してしまうのは、保湿成分が肌の奥まで届いたいないからかもしれません。また、肌のバリア機能が低下している可能性がります。