ビタミンC誘導体

MENU

ビタミンCの不安定性を改善

ビタミンCは、美肌の万能薬と言われるくらい優れた働きを持っています。美肌のためには、欠かせない成分なのですが、非常にデリケートで、空気や日光に触れると酸化しやすいという弱点があります。

 

ビタミンCは、活性酸素を除去する働きに優れているのですが、これは、みずからが酸化しやすいということの裏返しなのです。ですから非常に不安定。そのままの形では、化粧品への配合も難しいというわけです。

 

この欠点を改善したのがビタミンC誘導体です。

 

「ビタミンC誘導体」は肌に浸透すると「ビタミンC」に変わる

ビタミンCは、化学名をアスコルビン酸といいます。このアスコルビン酸にリン酸基がくっついたものがリン酸型ビタミンC誘導体です。リン酸基がくっつくことで、ビタミンCは非常に安定したものになるのです。すぐに酸化することなく、化粧品への配合も可能となりました。

 

このビタミンC誘導体は、皮膚の中に浸透するとフォスファターゼという酵素の働きでリン酸基と切り離されます。つまり、肌の中で純粋なビタミンCに変わるわけです。純粋なビタミンCは、皮膚の中で抗酸化作用を発揮し、肌の老化を防いだり、メラニンの生成を抑えたりします。またコラーゲンの生成を助け、肌にハリ・弾力を生みだします。こうしたビタミンC本来の美肌力がフルに発揮できるのです。

 

ビタミンCの美肌効果