ビタミンEの抗酸化作用

MENU

ビタミンEは細胞の老化を防ぐ

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ働きがあります。

 

アンチエイジングに有効な成分として知られ、「若返りのビタミン」とも呼ばれます。若々しい肌を保つのに欠かせない栄養素です。

 

ビタミンEは女性のキレイを全面的にサポート

ビタミンEには、抗酸化作用に優れたビタミンCと比べても、さらに強力な抗酸化力があり、活性酸素によって皮脂や細胞が酸化するのを防ぎます。

 

また、毛細血管を拡張して血行をよくする働きもあり、肌の隅々まで栄養を行き渡らせて新陳代謝を活発にし、肌の潤いや弾力を保ちます。

 

さらにビタミンEは、女性ホルモンの代謝にも深く関わっているので、女性のキレイを全面的にサポートしてくれます。

活性酸素が老化を進めるとは?

私たちは、体内に酸素をとり入れて栄養素を燃やすことでエネルギーを生み出しますが、その過程で活性酸素が作られることがあります。

 

体の細胞は、タンパク質、糖質、脂質、核酸、無機質でつくられていますが、このうち、活性酸素によって最も傷つきやすいのは脂質です。

 

活性酸素は、細胞膜に含まれる脂質と結びつき、それを酸化させて過酸化脂質という有害な物質に変えてしまいます。過酸化脂質は、脂肪や細胞内のタンパク質などと反応して、細胞の老化を進めたり、病気を引き起こしたりするのです。

ビタミンEを上手に摂るには

ビタミンEは脂溶性(油に溶ける性質)の栄養素。植物油などに多く含まれているので、調理のときなどに上手にとり入れるとよいでしょう。ただし、油は酸化しやすいので新しいものを使うことが大切です。古い油は酸化して過酸化脂質を含み、逆に悪影響を及ぼすこともあるので要注意です。

 

ビタミンEは、ビタミンCβカロテン(ビタミンA)といっしょに摂ると、いっそう抗酸化作用を高めることができるとされています。

 

このほか、牛乳やチーズ、ヨーグルトなど乳脂肪を多く含むものといっしょに摂ると、ビタミンEの吸収率が高まるといわれています。

ビタミンEは強力な抗酸化作用で細胞の老化を防ぐ関連ページ

タンパク質はコラーゲンのもと
タンパク質は、お肌の細胞や組織(コラーゲンなど)のもと。お肌のハリ・潤いに欠かせない栄養素です。
ビタミンAは肌の新陳代謝を活発にする
ビタミンAは、肌や粘膜の新陳代謝を活発にし、肌を健康に保つのに役立つ栄養素です。
ビタミンCの美肌効果/コラーゲンの生成を助ける
ビタミンCは美白効果でよく知られていますが、肌への効果はそれだけではありません。
ビタミンB群は代謝をスムーズにする
ビタミンB群は、エネルギーや老廃物の代謝に関わる栄養素。特にビタミンB2・B6が肌の健康に深く関わっています。
ミネラルは体の機能を正常に保つ働きがある
ミネラルは、体の中で効率よくエネルギーを作り出し、それを上手に使うために必要な栄養素です。