ビタミンC 美肌効果

MENU

ビタミンCは「美白効果」だけじゃない

ビタミンCが美白効果の高い成分であることはよく知られています。すぐれた抗酸化作用があり、シミやそばかすのもとになるメラニン色素の生成を抑制します。また高い漂泊作用があり、できてしまったシミを薄くする働きがあります。

 

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける

ビタミンCの美肌効果は、それだけではありません。ビタミンCは、肌のハリ・弾力のもととなるコラーゲンの生成を助ける栄養素でもあります。

 

ビタミンCは、お肌のエイジング防止の万能薬

このようにビタミンCは、シミ・くすみ・シワ・たるみなど、お肌のエイジング防止にトータルで優れた効果があります。

 

そのほかにも様々な美肌効果があります。おもなものをあげておきましょう。

ビタミンCの美肌効果
すぐれた抗酸化作用 優れた抗酸化作用で、活性酸素による肌の老化を防止。
コラーゲン生成を補助 コラーゲンの生成を助け、ふっくらした肌に。シワ・たるみを改善。
美白効果 メラニンの生成をを抑制。シミ・くすみを改善。
皮脂分泌を抑制 脂っぽさを軽減し、スベスベの肌に。ニキビを抑制。
抗炎症作用 肌の炎症を抑え、敏感肌やニキビを改善。

 

ビタミンCを摂取する際の注意点

ビタミンCは、活性酸素を除去する作用に優れていますが、これはみずからが酸化しやすいことを意味します。また、ビタミンCは水に溶けやすく、一度にたくさん摂っても体内に貯めておけず、汗や尿といっしょに排泄されてしまいます。熱にも弱いので、効率的に摂るには、調理法にも気をつけ、こまめにとることが大切です。

 

  1. 果物は、皮をむいたらすぐに食べましょう。
  2. アク抜きや食感をよくするために野菜を水にさらす場合には、できるだけ短時間で済ませましょう。
  3. 炒めものは強火で手早く加熱し、煮物は薄味にしてビタミンCが溶けだしている煮汁ごと食べるとよいでしょう。
  4. 温野菜として食べるたり、下ごしらえのために加熱する必要がある場合は、茹でるより電子レンジで加熱した方が、ビタミンCの損失量が少なくなります。

 

ビタミンCが豊富に含まれているのは、イチゴ、キウイ、ブロッコリー、パセリなど。みずみずしく、透明感の高い肌を目指すなら、果物や野菜類を積極的に摂りましょう!

 

ビタミンCは、摂取とあわせて肌から浸透させると効率的

食べ物から摂取したビタミンCは、消化吸収されたら全身の細胞に行き渡ります。その際、まずは血管、脳、内臓など生命に関わる部分に優先的に使用されます。

 

ですから大量に摂取したとしても、皮膚に届く量はごくわずかです。

 

もし摂取だけで効果を求めるなら、純粋なビタミンC(アスコルビン酸)で1日3g以上摂取する必要があるといわれています。お肌に対しての効果を考えれば、食べ物から摂るのと同時に、皮膚からも浸透させるのが効率的です。

 

ビタミンCは、水溶性のため肌から吸収されにくく、しかも酸化しやすいので、化粧品への配合が難しかったのですが、その欠点を改善したビタミンC誘導体を配合した化粧品も出ています。

ビタミンCの美肌効果/コラーゲンの生成を助ける関連ページ

タンパク質はコラーゲンのもと
タンパク質は、お肌の細胞や組織(コラーゲンなど)のもと。お肌のハリ・潤いに欠かせない栄養素です。
ビタミンAは肌の新陳代謝を活発にする
ビタミンAは、肌や粘膜の新陳代謝を活発にし、肌を健康に保つのに役立つ栄養素です。
ビタミンEは強力な抗酸化作用で細胞の老化を防ぐ
ビタミンEは強い抗酸化力で脂質を酸化から守り、細胞の老化を防ぐ効果があります。潤いある若々しい肌を保つのに欠かせない栄養素です。
ビタミンB群は代謝をスムーズにする
ビタミンB群は、エネルギーや老廃物の代謝に関わる栄養素。特にビタミンB2・B6が肌の健康に深く関わっています。
ミネラルは体の機能を正常に保つ働きがある
ミネラルは、体の中で効率よくエネルギーを作り出し、それを上手に使うために必要な栄養素です。