ビタミンAは肌の新陳代謝を活発にする

MENU

ビタミンAは新陳代謝を活発にし肌を健康に保つ

ビタミンAは、肌や粘膜の新陳代謝を活発にし、肌を健康に保つのに役立つ栄養素です。角質を含めた表皮の代謝に深く関係して、正常なターンオーバーを促すのに欠かせません。

 

ビタミンAが不足すると肌の乾燥などの原因になります。

 

ビタミンAは、レチノールとβカロテンの2種類

ビタミンAには、動物性食品に含まれるレチノールと、植物性食品に含まれるβカロテンの2種類があります。

 

レチノールは、体内でそのまま吸収されてビタミンAとして働きます。一方、緑黄色野菜などに多く含まれるβカロテンは、レチノールの材料となる成分で、腸で吸収される際、必要な分だけレチノールに変わります。

レチノールに変わらなかったβカロテンは、ビタミンCビタミンEと協力しあって、強い抗酸化作用を発揮。外部刺激によるコラーゲンエラスチンの酸化を防ぎ、肌をよい状態に保つのに役立ちます。

 

ビタミンAを上手に摂るには?

ビタミンAは脂溶性(油に溶ける性質)なので、油といっしょに摂ることで吸収率が高まります。なので、βカロテンの形でビタミンAが含まれている野菜類は、食品そのものに脂肪が含まれていないので、油を使った調理がおすすめです。

 

ビタミンAを豊富に含む食材としては、うなぎ、レバー、緑黄色野菜などがあげられます。

 

ビタミンAを摂り過ぎると?

ビタミンには、水溶性(水に溶ける性質)で、摂り過ぎた分が排出されてしまうものと、脂溶性で、脂肪といっしょに体内に蓄えられるものとがあります。ビタミンAは後者。摂り過ぎると体内に溜まり、吐き気や食欲不振などの不調が起こることがあります。

 

しかし、それはサプリメントを目安量以上に摂ったり、極端に偏った食事を続けたりした場合のこと。普通の食事をしているなら、ビタミンAの摂り過ぎという心配は、まずないでしょう。

ビタミンAは肌の新陳代謝を活発にする関連ページ

タンパク質はコラーゲンのもと
タンパク質は、お肌の細胞や組織(コラーゲンなど)のもと。お肌のハリ・潤いに欠かせない栄養素です。
ビタミンCの美肌効果/コラーゲンの生成を助ける
ビタミンCは美白効果でよく知られていますが、肌への効果はそれだけではありません。
ビタミンEは強力な抗酸化作用で細胞の老化を防ぐ
ビタミンEは強い抗酸化力で脂質を酸化から守り、細胞の老化を防ぐ効果があります。潤いある若々しい肌を保つのに欠かせない栄養素です。
ビタミンB群は代謝をスムーズにする
ビタミンB群は、エネルギーや老廃物の代謝に関わる栄養素。特にビタミンB2・B6が肌の健康に深く関わっています。
ミネラルは体の機能を正常に保つ働きがある
ミネラルは、体の中で効率よくエネルギーを作り出し、それを上手に使うために必要な栄養素です。