敏感肌にハイドロキノン使っても大丈夫?

MENU

ハイドロキノンの肌への刺激が心配・・・

ハイドロキノンは、現在使える最強の美白成分とも言われます。たしかに美白効果は優れていますが、効果が高い分、お肌への刺激が強いのも事実です。

 

なので、ハイドロキノン配合の美白化粧品は、ピンポイントの美白に適しています。やはり敏感肌の方には、ハイドロキノンを含まない美白化粧品が安心です。

 

「ハイドロキノン」って、どんな成分?

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも言われるぐらい美白効果が高く、その分刺激が強いので、日本では医師の処方箋が必要でした。それが2001年の薬事法改正で、市販の美白化粧品にも配合が認められるようになりました。

ハイドロキノンは、もともと写真の現像液に使われていたもの。現像液のツンと鼻をつく強烈なニオイ成分がハイドロキノンです。写真は紫外線を受けると色あせていきます。UVカットのためにハイドロキノンが写真の現像に使われていたようですね。それが、シミを消すことに応用されているのです。

敏感肌の方にはビタミンC配合の美白化粧品がおすすめ

敏感肌の方には、ビタミンC誘導体配合の美白化粧品がおすすめです。ビタミンCには優れた還元作用があり、美白に効果的な成分です。しかし、ビタミンCには酸化しやすいという弱点があります。それを克服し、安定した形に変化させたものが「ビタミンC誘導体」です。

 

シミ・黒ずみのできるメカニズム

シミ・黒ずみのできるメカニズムを簡単に説明しておきましょう。

 

メラノサイト

紫外線を過剰に浴びると、肌は紫外線を吸収するメラニン色素を作って体を守ろうとします。このメラニン色素は、表皮の奥(基底層)にあるメラノサイトと呼ばれる細胞で作られます。

 

メラノサイトは、メラニン色素をまわりの細胞に注入し、黒く染めていきます。紫外線から体を守るカーテンを作るわけです。

 

こうした働きは、私たちの体にとってなくてはならないものですが、ときにメラノサイトが暴走し、必要以上にメラニンを作り続けてしまいます。

 

するとメラニン色素がどんどん放出され、細胞にうまく注入されなかったメラニン色素が、細胞と細胞の間にこぼれ落ちてしまうこともあります。こぼれ落ちたメラニン色素は、真皮層の深い部分に落ち込み、ターンオーバーに乗ることができません。

 

これが、いつまでも溜まったままになり、シミや黒ずみの原因となるのです。

敏感肌は美白が効きにくい?

敏感肌は、肌内部に炎症が起きています。皮膚は、炎症によるダメージから回復しようと、新しい細胞を作る働きが活発になります。そのとき、メラノサイトもいしょに活性化してしまいます。

 

つまり敏感肌は、メラノサイトが活性化しやすいのです。敏感肌は美白が効きにくいと言われるのは、そのためです。

 

ビタミンCの優れた美白効果

ビタミンCには、メラニン色素を還元する働きがあります。その還元作用は非常に優れています。そのため、シミや黒ずみを薄くして、やがては消し去ることもできます。また、メラノサイトに作用し、メラニン色素の過剰生産を抑える働きがあるので、新たにシミができるのを防ぐ効果もあります。

 

つまり、ビタミンCは、できてしまったシミ・黒ずみを消すとともに、シミ・黒ずみの発生を抑えることが可能なのです。

 

さらに、ビタミンCには、ビタミンEの合成を促し、新陳代謝を高め、血行を良くする働きもあります。細胞は健康を取り戻し、透明感のある、みずみずしい肌を作ることができるのです。

 

だからこそ、敏感肌の美白には、ビタミンC誘導体配合の美白化粧品がおすすめなのです。

敏感肌におすすめの美白化粧品

サエル

敏感肌の美白に一番のおすすめは、ディセンシアの「サエル」です。

 

「サエル」は、ヴァイタサイクルヴェールの働きで敏感肌ケアをしながら、ビタミンC誘導体など有効成分の働きで美白ができる優れもの。もちろんハイドロキノン不使用

 

なので、美白化粧品は肌がピリピリしみて使えなかったという方でも大丈夫です。

 

それに、敏感肌ケアができるということは、美白が効きやすい肌に変化することでもあるのです。

敏感肌でも美白成分「ハイドロキノン」を使っても大丈夫?関連ページ

化粧品で肌がしみるのを治したい
化粧水・化粧品で顔がヒリヒリしたり、赤くなったり。その原因は肌のバリア機能が低下しているからです。
ヴァイタサイクルヴェールって何?
敏感肌には「肌のバリア機能」を補ってくれる化粧品が効果的です。敏感肌スキンケア化粧品で、今もっとも注目を集めているディセンシア。その特許技術ヴァイタサイクルヴェールの効果の秘密を分かりやすく解説します。
敏感肌を治す
敏感肌・乾燥肌がひどい場合、セラミドなどが配合された保湿化粧品を使うだけでは治らない場合もあります。そんなときのケアのポイントは、ターンオーバーを正常化させ、肌のバリア機能を担う強い角層(角質層)を再生することです。
美白化粧品を使ってもシミ・くすみが取れないのは?
美白化粧品でしっかりケアしているつもりなのに、シミ・くすみが消えない、薄くならないということはありませんか?解決方法をご紹介します。
老け顔の原因
同窓会なんかで久しぶりに会った友達より自分の方が老けて見える。職場で同年代と比べて老けて見られる。毎日しっかりエイジングケアしているのにどうして?