化粧品がしみる

MENU

化粧品で肌がピリピリしみるのはなぜ?

肌が過敏になっていると、ちょっとした刺激でもヒリヒリするものです。化粧品をつけたときに限らず、花粉の季節もツライですね。外に出るだけで花粉が付いてヒリヒリ。

 

化粧品をつけたとき肌がピリピリしみるのは、化粧品に含まれる成分が原因。でも根本的には、お肌のバリア機能が低下しているからです。

 

同じ化粧品を使っても、ヒリヒリしみる人がいたり、ヒリヒリ感の程度が違ったりするのは、肌のバリア機能の違いによるものなんですね。

 

それでは、お肌のバリア機能を高めるにはどうすればいいのでしょうか? そもそも、お肌のバリア機能って、どういうものなのでしょうか?

 

肌のバリア機能って?

肌の表面には角層(角質層)と呼ばれる部分があります。これは、皮膚のもっとも外側にあって、厚さ0.02ミリほどの「食品用ラップ」くらいの薄い膜です。

 

さらに、その角層の表面を皮脂膜が覆っています。皮脂膜というのは、皮脂と汗が混ざってできた膜で、「天然のクリーム」のようなものです。

 

この角層と皮脂膜が、肌の水分の蒸発を防いだり、外部の刺激をブロックして肌を守る働きをしています。これが肌のバリア機能と呼ばれるものです。

 

皮脂膜や角層がこわれると肌のバリア機能が弱まる

皮脂膜は、皮脂と水分(汗)のバランスが大切です。脂っぽい肌を嫌って、洗顔しすぎると皮脂膜は簡単に壊れてしまいます。それに女性の場合、20代後半以降、年齢とともに皮脂の分泌が急激に減少していきます。男性は、減少の度合いが緩やかです。なので女性は、もともと肌が乾燥しやすいのですね。

 

皮脂膜が壊れると、紫外線などの外部からの刺激が、ダイレクトに角層に及びます。

 

健康な肌の角層は、角質細胞がきれいに並んでいるので外部からの刺激をブロックできるのですが、肌がダメージを受けると、角層がはがれたり、隙間ができたりします。これが肌のバリア機能が弱まった状態です。

 

そうなると、外部からの刺激が角層の隙間を通りぬけて肌内部に侵入します。空気中の細菌や雑菌、花粉、紫外線などが肌内部に侵入して炎症が起きるのです。

 

外部から刺激が入ってくるだけでなく、肌内部の水分や油分も外へ逃げ出してしまいます。

お肌ピリピリを治すには角層の修復・再生がポイント

肌のバリア機能が弱まっていると、たとえ刺激の弱い敏感肌用化粧品を使っても、刺激が肌内部の炎症を起こしている部分に伝わってしまいます。それがピリピリの原因。

 

なので、敏感肌や乾燥肌を改善するには、角層を修復・再生することがポイントです。

 

といっても、正常な角層が形成されるには約1ヵ月かかります。肌のターンオーバーが約1ヵ月周期だからです。その間に外部からの刺激が侵入すれば、正常な角層の形成を妨げてしまいます。

 

おすすめスキンケア化粧品

保湿だけで角層が修復できる状態なら、保湿力の高い化粧品を使えば効果があります。

 

しかし、保湿だけではどうにもならないほど、肌の乾燥がひどく、過敏になっているのであれば、ディセンシア化粧品を試してみることをおすすめします。

 

ディセンシアは、ポーラ・オルビスグループの敏感肌スキンケア化粧品ブランドです。

 

ディセンシア化粧品は、ポーラ研究所で開発された「ヴァイタサイクルヴェール」を採用しています。これは簡単にいえば、傷ついた角層の表面に疑似角層(バリア膜)をスキンケア成分で形成する仕組みです。

 

それによって外部刺激をブロックしながら、ターンオーバーを正常化させ、健康な強い角層を再生させることができます。ここが他の敏感肌化粧品と決定的に異なる点です。

 

これまで敏感肌用化粧品でも肌がピリピリしていたという方は、ディセンシア化粧品を試してみてはいかがでしょうか?

 

ディセンシアには、ベーシックケアの「つつむ」シリーズはじめ、エイジングケアもできる「アヤナス」、美白ケアもできる「サエル」があります。超敏感肌・超乾燥肌の方には、「つつむ」シリーズがおすすめです。

※ 皮膚断面図の画像は、ディセンシア提供。

化粧品で肌がピリピリしみるのはなぜ?どうすれば改善できる?関連ページ

ヴァイタサイクルヴェールって何?
敏感肌には「肌のバリア機能」を補ってくれる化粧品が効果的です。敏感肌スキンケア化粧品で、今もっとも注目を集めているディセンシア。その特許技術ヴァイタサイクルヴェールの効果の秘密を分かりやすく解説します。
敏感肌を治す
敏感肌・乾燥肌がひどい場合、セラミドなどが配合された保湿化粧品を使うだけでは治らない場合もあります。そんなときのケアのポイントは、ターンオーバーを正常化させ、肌のバリア機能を担う強い角層(角質層)を再生することです。
敏感肌でも「ハイドロキノン」を使って大丈夫?
ハイドロキノンは美白にすごく効果が高いと言われていますが、刺激が心配。肌が弱い人、敏感肌の人でも使って大丈夫なのでしょうか?
美白化粧品を使ってもシミ・くすみが取れないのは?
美白化粧品でしっかりケアしているつもりなのに、シミ・くすみが消えない、薄くならないということはありませんか?解決方法をご紹介します。
老け顔の原因
同窓会なんかで久しぶりに会った友達より自分の方が老けて見える。職場で同年代と比べて老けて見られる。毎日しっかりエイジングケアしているのにどうして?