日焼けあとローション

MENU

うっかり日焼けしてしまったときのお手入れ

日焼け

「紫外線対策をバッチリしていたのに日焼けしてしまった」とか「曇っているからと油断して日焼けしてしまった」というこはよくあるものです。

 

軽い日焼けでも、しっかりとアフターケアが大切。

 

日焼け後のお手入れの基本は、@冷やす、A赤みがひいたら化粧水で潤す、Bバランスのよい食事で体の内側から肌ダメージを修復することです。

 

日焼けをしたら、とにかく冷やす

軽い日焼けで、それほど赤みがないのなら、すぐに化粧水で保湿してもいいのですが、日差しが強いところに出かけて、真っ赤になってしまったという場合は注意が必要です。

 

なるべく早く、赤くなっている部分を冷やすことが大切です。

 

日焼けは皮膚のやけどです。軽く考えてはいけません。早く熱をとって炎症を鎮めることが大切です。放っておくと炎症が悪化して水ぶくれができることもあります。

冷やし方は、ぬらしたタオルを肌にあてて、まめに替えながら冷やします。化粧水は肌に刺激を与えるので、赤みが引くまでは避けた方がいいでしょう。また、紫外線を浴びて体が乾いているので水分補給も忘れないように。

 

赤みがひいてきたら化粧水で保湿

肌の赤みが引いてきたら保湿をします。紫外線によって肌は水分が奪われて乾燥しているので、たっぷりと化粧水をつけて、お肌を潤しましょう。肌にダメージが残っている間は、化粧水は刺激の少ないものか、炎症を抑える成分を配合した日焼け後用のものがおすすめです。

 

肌にたっぷり水分を与えたら、保湿成分の入った美容液をつけて潤いを閉じ込めましょう。

ビタミンC配合のものや美白作用のある化粧品を使うのは、肌の赤みが引いて十分落ち着いてから。急いで使いたい気持ちは分かるけど、真っ赤に日焼けしているときに使うのはNG。

 

ビタミンをたっぷり摂って肌のダメージを修復

日焼け後には、メラニンの生成を抑えるビタミンC、抗酸化作用でシミやシワを防ぐビタミンA、肌の新陳代謝を高めるビタミンEを含む食品を積極的に摂りましょう。また、皮膚細胞の再生を促して新陳代謝を高めるビタミンB2、皮膚を作り維持するタンパク質も大切です。

 

 美肌に大切な栄養素

日焼け後におすすめのローション

サエル ホワイトニング ローション クリアリスト

日焼け後におすすめのローションは、ディセンシア「サエル」シリーズ「ホワイトニング ローション クリアリスト」

 

日焼け後の肌は、乾燥してデリケートな状態。しっかり保湿して、炎症を鎮めることが大切です。「サエル」は敏感肌用なので刺激が少なく、日焼けで弱った肌にも安心です。

 

もちろん、炎症や過剰なメラニン生成を抑える成分も配合されていて、美白効果もバッチリ!

日常的な紫外線対策が重要

紫外線対策

日焼けは予防が大切。太陽光は直接降り注ぐ直射光、空気の分子で散乱する散乱光、地表面などで反射する反射光があります。上からも、下からも、横からも、あらゆる方向から紫外線を浴びています。

 

曇りや雨の日も、それに秋・冬でも紫外線を浴びています。油断大敵。日ごろから紫外線対策はぬかりなくやっておきましょう。

 

日焼け止めは、厚めにしっかりと塗らないと十分な効果は得られません。「日焼け止め、ちゃんと塗ったのに…」なんてことにならないように、しっかり塗っておきましょう。顔に塗る場合、一般的なクリームタイプの日焼け止めならパール粒2個分くらいが目安です。

 

UVカット機能のあるBBクリームは必須アイテム

 

アヤナスBBクリーム

肌の弱い方には、ディセンシア「アヤナス」のBBクリームがおすすめです。SPF25、PA+++ 、紫外線吸着材フリー

 

とても良く伸びるので、1回分は小さめパール1粒分ほどで十分。とても経済的で、カバー力にも優れています。チェックしておいて損はないでしょう。

 

ディセンシア「アヤナス」BBクリームを詳しく見る